主な循環器疾患についてDisease Type

循環器疾患 - 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)-

 心臓は酸素と栄養で満たされた血液を24時間休むことなく全身に送り続けています。しかし、その一方で心臓自体も他の臓器と同様に血液が無ければ働く事が出来ないため、心臓の筋肉(心筋)を栄養する冠(状)動脈という血管があります。 この冠状動脈の狭窄や閉塞によって引き起こされる病気を「虚血性心疾患」と言います。
この疾患の中で、冠状動脈が狭くなり胸が一時的に痛くなったりする病気を狭心症、完全に詰まって壊死してしまうと心筋梗塞と言います。心筋梗塞の急性期には死亡率が約30%と非常に高く、緊急的な治療が必要です。当院では急性心筋梗塞の患者さんに対して、24時間対応で心臓カテーテル治療を行っています。

主な循環器疾患

不整脈

 心臓は正常な状態では全身に血液を送り出すポンプとして、規則正しく動いています。これは心臓の中で作り出される命令(電気活動)が心臓全体に伝わることで成り立っています。この命令が何らかの原因で乱れた場合(脈が遅すぎる、脈が速すぎる、脈が飛ぶまたは乱れるなど)を、不整脈と言います。不整脈があるからといって、必ずしも治療が必要とは限りませんが、当科ではあらゆる不整脈に対する各種検査・診断・治療を行っています。

心筋症

 心筋症とは拡張型心筋症や肥大型心筋症などに代表される心筋の病気です。心筋の変性により心臓機能が低下し、不整脈や心不全として症状が現れてきます。心筋症の原因として諸説が報告されていますがいずれも特定に至っておらず、その多くが原因不明です。当院ではそれら心筋症に対して各種画像検査や心筋生検(組織診断)を行っており、診断および治療を積極的に行っております。治療については十分な薬物治療に加え、適応があれば両室ペーシング機能付き植え込み型除細動器(CRT-D)の植え込みも行っています。また、突然死や心不全の原因となる閉塞性肥大型心筋症に対しては、閉塞部心筋を壊死させる中隔枝閉塞術という治療もあります。

弁膜症

 ヒトの心臓は4つの部屋に分かれており、それぞれ血液が逆流をしないように弁がついています。血液を流す時、溜める時にはその弁が開いたり閉じたりします。しかし、弁に障害が起これば、弁が完全に閉じず血液が逆流してしまいます。この状態を閉鎖不全症(逆流症)と言います。また、弁が硬くなり癒着すれば弁が開きにくくなり、血液の流れに対して大きな抵抗となります。この状態を狭窄症と言います。これらを総称して「心臓弁膜症」と言います。実際に臨床上問題となるのは多くの場合、大動脈弁と僧帽弁の異常です。これらは大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症、などです。

主な循環器疾患

大動脈疾患

 主な大動脈疾患としては、急性大動脈解離、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、大動脈炎症候群、大動脈弁輪拡張症があります。急性大動脈解離は、突然に発症する激しい胸痛、背部痛が主な症状です。その他、失神や脳血管障害症状(麻痺など)の症状で始まることもあります。大動脈の血管の壁の中膜が裂けることにより本来の大動脈腔(真腔)とは別に偽腔が生じます。90%以上の患者さんは高血圧を合併しています。偽腔の生じた部位、偽腔の状態(血流があるかないか)、各臓器に分岐している血管に障害を及ぼしているかどうか、で重症度はかなり異なってきますし、治療の選択(薬物療法か手術か)も異なってきます。いずれにしましても生命にかかわる危険な病気であることは変わりありません。死亡率はそれぞれの病態で異なりますが、総じて10%を超えます。

 胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤の病態は、いずれも動脈硬化が主因で、高血圧の合併により血管径が拡大し、進行してくれば、瘤を形成します。この瘤の径が胸部で5cm、腹部で4~5cmを超えてくる状況は自然経過で瘤の破裂の危険が年間5%以上となります。治療としては薬物療法に加え、手術やステントグラフト内挿術があります。

肺血栓塞栓症

 静脈系より流れてきた塞栓子(血栓)が肺の血管(肺動脈)を閉塞させることで生じる病気です。発症素因として、深部静脈血栓症、長期臥床、手術、外傷・骨折、悪性腫瘍、血液の素因などがあります。症状は呼吸困難、胸痛、胸部苦悶、失神、動悸などです。重症例ではショックとなります。死亡率は10%前後あります。検査は血液検査、胸部レントゲン写真、心電図、CT検査、心エコー、血管エコーが有用です。治療は薬物療法として抗凝固療法、血栓溶解療法、バルーン拡張術があります。また、肺動脈まで流れそうな深部静脈血栓症に対して下大静脈フィルターが使用されることもあります。

閉塞性動脈硬化症

 歩くと足が痛くなる、休むとよくなってくるといった症状の原因は様々です。このような症状が出現する疾患の中で、下肢(足)に血液を送る動脈が狭くなる閉塞性動脈硬化症と呼ばれる疾患があります。 最初は、長く歩くことができても、進行すると歩く距離が短くなったり、安静時にまで痛みが出現してきたりします。ひどくなると、血液の流れが乏しくなり足が腐って(壊死)しまう場合もあります。 閉塞性動脈硬化症の原因として糖尿病や高血圧などの生活習慣病に加え、喫煙歴が大きく関係していると言われています。このような病気を持つ方で足が痛いという症状があれば、外来受診をお勧めします。

心不全

 心不全とは、心臓のポンプとしての機能が衰え、血液を十分に送り出した り、戻ってきた血液をうまく取り入れられなくなった状態をいいます。 心不全は心臓の機能が低下し、肺うっ血による呼吸困難を主徴とする症候群です。低下の原因として心臓弁膜症や高血圧、冠状動脈(心臓の血管)の動脈硬化、心筋梗塞、心筋症などあらゆる心臓疾患がありますので、治療の原因疾患の診断が治療の鍵となります。

成人の先天性心疾患

 心房・心室中隔欠損症(左右心房・心室の壁に穴があいている)、心内膜床欠損症(心臓の中の壁や弁の発達障害)、動脈管開存症(胎児の時期に消失するべき血管が残っている)、ファロー四徴症(心臓の出口の位置が前方に偏りそれに伴い様々な障害が出現する)、完全大血管転位症(肺へ向かう血管が全身に、全身へ送り出されるはずの血液が肺へ流れる疾患)など生まれつきの心臓疾患があります。小児期には、軽症で経過観察となった方でも年を取るにつれ、進行してくることがあり、専門医の定期的な検査が必要な疾患です。

PAGE TOP