検査についてCarciovascular Examinations

心電図 - Electrocardiography -

 心電図は、通常、心臓の右上の部屋の特別な細胞から発せられる電気信号が心臓の中を流れて移動する様子を記録しています。非侵襲的で痛みもなく、すぐに結果がわかる検査です。医師は、心臓の様々な状態を把握する手段の一つとして、心電図による心拍リズムや波形の解析を行います。

ホルター心電図

 ホルター心電図は、着用型のデバイスです。24時間装着することで、その間の全心拍を記録することができます。ホルター心電図検査は、通常、受診時の心電図検査では十分な情報が得られなかった場合に行われます。すなわち、時々しか起きない症状や日常生活の中で生じる症状の、まさにその瞬間を記録することができます。なお、自覚症状がない場合にも、受診時には捉えられなかった不整脈などの検出に役立ちます。

正常心電図
安静時心電図
ホルター心電図
ホルター心電図

運動負荷心電図

 運動負荷心電図は、運動により心臓に負担をかけた際に、心電図にどのような変化が起こるかを調べるために行われます。運動負荷により、心臓は通常より激しく、そして速く動くため、安静時では認められないような異常を明らかにすることができます。歩行やトレッドミル、エルゴメーター(自転車)によって運動負荷をかけます。負荷中は、心電図はもちろん、血圧や呼吸などもモニターされます。虚血性心疾患や不整脈が疑われる場合に、運動負荷試験が勧められます。

運動負荷心電図

循環器で行う超音波検査(エコー検査)

 経胸壁心エコーは、胸の表面にプローベをあてて心臓の構造、壁や弁の動き、血流の向きや速度を計測し診断や治療効果の判定を行います。痛みや危険性がなく負担の少ない検査です。経食道心エコーは、心臓の後ろに位置する胃や食道から心臓を見る検査で、一般的には、胸壁から見えにくい心臓の部位を特に評価するために行う検査です。胃カメラと同様の方法で、喉に麻酔を行なった後、プローベを口から食道に挿入して検査します。

 血管エコー(頸部・下肢・腎臓・大動脈・静脈) は、臓器が存在する体の表にプローベをあててそれぞれの血管の太さや流れを見る検査です。血管が閉塞してないか、狭くなっていないか評価します。大動脈では血管の瘤や解離がないかなどを判定します。経胸壁心エコー同様、比較的患者さんに負担の少ない検査です。

ABI (ankle pressure index)

 下肢血管狭窄や閉塞の程度を表す指標です。通常は寝た状態で両腕、両足首の血圧を測定すると、足首の方がやや高い値になります。ところが血管が詰まり気味になると、その部分の血圧は低くなり、足首の血圧と腕の血圧の比を求めれば血管の詰まり具合を知ることができます。下肢閉塞性動脈硬化症といった、下肢血管の動脈硬化疾患が対象となります。ABIの検査は一般の血圧測定と似た検査で、検査時間も5分ぐらいで終了します。
出典:藤代健太郎、山下晃平;血管機能・動脈硬化と大動脈波速度、医学検査Vol.52№8、1017~1025,2003

SPP (皮膚組織潅流圧)

 SPPとは、下肢皮膚への血流をレーザーで測定する検査です。下肢閉塞性動脈硬化症といった、下肢血管の動脈硬化疾患が対象となります。ABIよりも、より詳細な血流評価が可能で、むくみ等でABIが測定できない場合もSPPであれば測定可能です。出典:脈菅学 Vol45 No5 2005, PAD3000取り扱い説明書

ABIの画像

大動脈CT、冠動脈CT、肺動脈CT

 ヒトの心臓は4つの部屋に分かれており、それぞれ血液が逆流をしないように弁がついています。血液を流す時、溜める時にはその弁が開いたり閉じたりします。しかし、弁に障害が起これば、弁が完全に閉じず血液が逆流してしまいます。この状態を閉鎖不全症(逆流症)といいます。また、弁が硬くなり癒着すれば弁が開きにくくなり、血液の流れに対して大きな抵抗となります。この状態を狭窄症といいます。これらを総称して「心臓弁膜症」といいます。実際に臨床上問題となるのは多くの場合、大動脈弁と僧帽弁の異常です。これらは大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症、などです。

CT検査の画像

心臓核医学検査(心筋シンチ:RI検査)

 RIとは放射性医薬品(ラジオアイソトープ)の意味で、それらを体内に投与すると目的の臓器に集積します。それを検査用カメラで体外から撮影し、分布や集積の程度を見るのがRI検査です。循環器領域では心筋シンチグラフィーが代表的な検査で、患者さんの状態に合わせて無負荷や負荷(運動負荷もしくは薬物負荷)を選択し、心筋の虚血や変性などを機能的に評価することができます。この他、肺塞栓が疑われる症例には肺血流シンチグラフィー検査が有用で、より高感度に肺塞栓を診断することができます。

心臓カテーテル検査

実際に、心臓内の各部屋の圧力を測定したり、心拍出量(心臓のポンプの力)を測定したり、弁膜症の程度を判定したり、冠動脈(心臓を栄養する血管)の動脈硬化の具合を判定したりすることができます。特に狭心症の方には、動脈硬化性病変の有無やその程度、治療方針を決定する大切な検査になります。

心臓カテーテル検査

 通常は、前日の午後に入院していただき、検査翌日午前中に退院となりますので2泊3日入院となります。検査当日は、検査着に着替えていただきカテーテル検査室で検査を行います。検査時間は15分~20分、検査後の圧迫止血に約30分を予定しております。右肘のあたりに局所麻酔を行い、そこから太さ1.7mmのやわらかい管(カテーテル)を血管の中を通して心臓近くの冠動脈まで誘導していき、造影剤を冠動脈の中に流し込んで撮影(動画)を行います。可能であれば、検査後、右肘の圧迫止血を行っている間に家族の方と一緒に動画を見ていただきながら結果を説明します。当院では年間2,500例、1日平均10例の方に心臓カテーテル検査を行っております。

電気生理学的検査

 心臓の中に直接、細い管を挿入して、心臓の電気活動を詳しく調べる検査です。一般的には入院が必要になりますが、脈が遅くなる(徐脈性不整脈)、脈が速くなる(頻脈性不整脈)場合の診断に有効です。胸壁から行う心電図に比較してはるかに情報量が多い検査で、不整脈の治療(カテーテルアブレーション)にもつながります。

PAGE TOP