心臓血管外科Cardiovascular Surgery

診療指針

 医師会病院で心臓の手術が行われるようになったのは1996年9月からです。それまでは救急車ではるか熊本、福岡に患者さんが運ばれていきました。救急車に数時間揺られ、到着したらすぐ搬送先で手術を受けていたのでしょうが、これは患者さんもご家族も大変なことだったと思います。 これを『どげんかせんといかん』と、宮崎市郡医師会の先生方が立ち上がり、いまではanytime welcomeの循環器疾患に対する体制ができ上がりました。 

 私たちも医師会の先生方の熱意に引っ張られてここまで、やって来られたと思います。心臓手術症例も通算1000例をとうに超えました。循環器の総合施設として、他施設と肩を並べることがで、きるようになったと思います。 

 時が経ち、今では宮崎でも精力的に循環器疾患に取り組む施設が増えました。医師会病院も、最後の砦的な役割から、治療先の一つの選択肢に変わりつつあります。このような時代の流れを受け、私たちも、より高度な医療を提供できるよう努力しております。心臓血管外科で扱う疾患は心臓疾患はもとより、大動脈瘤、末梢動脈閉塞疾患、静脈疾患、リンパ浮腫および、蜂窩織炎など、循環器一般に及びます。時には循環器疾患の元となる糖尿病、腎臓病、心療内科などにも介入します。 

 当科への受診は、一般外来がありませんので、昼間は電話で地域医療連携室にご連絡ください。休日夜間は病院当直医を通して心臓血管外科のオンコール医師にご連絡ください。手術中かな?と気兼ねする必要はありません。患者さんからの直接の依頼も可能な限り対応いたしますが、病院の性格上どこかの医療機関を通じてきていただいた方が、より好ましいと思います。手術後の患者さんの経過観察も病診連携をとりながら行います。

医師紹介

矢野 光洋(ヤノ ミツヒロ)

心臓血管外科

科長

医学博士

胸部外科専門医

九州外科学会評議員

胸部外科学会九州地方会評議員

西村 征憲(ニシムラ マサノリ)

心臓血管外科

医長

日本心臓血管外科学会専門医

日本外科学会専門医

日本ステントグラフト実施基準管理委員会 腹部ステントグラフト指導医

日本ステントグラフト実施基準管理委員会 胸部ステントグラフト指導医

横田 敦子(ヨコタ アツコ)

心臓血管外科

医長

医学博士

三学会構成心臓血管外科修練指導医

日本外科学会専門医

日本脈管学会認定脈管専門医

日本ステントグラフト実施基準管理委員会 腹部ステントグラフト実施医

日本ステントグラフト実施基準管理委員会 胸部ステントグラフト実施医

谷口 智明(タニグチ トモアキ)

心臓血管外科

医員

診療成績(クリニカルインディケーター)

入退院状況

集計期間 2015年4月1日~2016年3月31日まで
在院患者延べ数 5,065名(5,034名)
平均在院日数 24.41日(23.58日)
平均病床利用率(%) 5.24%(5.22%)
年間病床回転数 14.99(15.48)

※( )内は前年度

PAGE TOP