宮崎市中央東・檍北地域包括支援センターHoukatu

宮崎市中央東・檍北地域包括支援センター

介護予防の拠点となります

地域にあるさまざまな社会資源を使って、高齢者の生活を総合的に支えていくための拠点として、市町村が主体となり新しく「地域包括支援センター」が設置されました。
ここでは、保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャーなどが中心になって、介護予防に関するマネジメントをはじめとする高齢者への総合的な支援が行われます。公正・中立性を確保するために、地域住民や関係職種による「地域包括支援センター運営協議会」が運営に関わるのも、大きな特徴です。

地域包括支援センターが行う事業

地域の高齢者への総合的な支援

  • 介護予防ケアマネジメント
    介護予防対象者の選定や介護予防ケアプランの策定
  • 総合相談・支援
    介護保険だけではなく、さまざまな制度や地域資源を利用した総合的な支援を行います
  • 権利擁護、虐待早期発見・防止
    高齢者や障害者の人権や財産を守る権利擁護虐待防止事業の拠点として、成年後見制度の活用や虐待の早期発見・防止を進めていきます
  • 包括的・継続的ケアマネジメント
    ケアマネジャーのネットワークの構築や、困難事例に対する助言などを行います

地域包括支援センター運営協議会

  • 民生委員・自治体・老人クラブ
  • 医師会、歯科医師会、薬剤師会
  • 介護サービス事業所
  • 介護保険施設
  • 看護協会、社会福祉会、理学療法士会、介護福祉会 等

高齢者救急情報カード

宮崎市郡医師会救急医療機関連絡協議会において出席医療機関から、高齢者入居施設より救急搬送される救急患者の医療情報が不足している場合があり、診療に支障があるとのご意見をいただきました。

この度、当院地域医療連携室において検討をおこない、医療情報の平準化を目的として、「高齢者救急情報カード」を作成いたしました。今後、高齢者入居施設から救急医療機関へのご紹介の際には、この「高齢者救急情報カード」をご利用いただけると幸いです。患者さん搬送の際に、救急隊の方にお渡しいただくか、ご持参いただくようお願い申し上げます。

高齢者救急情報カード ダウンロード

Windows Xpのブラウザ(IE)のバージョン8以下では、Word、EXCELファイルは正しくダウンロードできません。 その場合は、一括セットをダウンロードしてお使いください。

お電話でのお問い合わせ
受付時間

平日:8時30分 ~ 17時00分
土曜日:8時30分 ~ 12時00分(日・祝休み)

PAGE TOP