薬剤科Pharmacy Division

薬剤科

ごあいさつ

薬剤科には、薬剤師9名、業務補助員1名(平成29年2月現在)のスタッフが在籍しております。
薬剤師の主な業務内容は後述しますが、近年はチーム医療の一員としての活動や、ジェネリック医薬品使用率の向上等にも取り組んでいます。
末尾に就職関連でよくある質問と回答をまとめていますので、就職をご検討中の方は併せてご覧下さい。

薬剤科の業務

調剤業務 注射と内服

より安全で効果的な薬物療法を受けられるように、電子カルテシステムより、医薬品使用履歴・臨床検査値などを参照し、医師の処方が医学的に妥当であるかの判断(処方監査)や、医薬品の相互作用や重複投与の防止、薬剤処方歴の管理を行っています

薬剤管理指導業務

服用中の薬の内容について患者さんやご家族が把握することは大切な治療の一部です。
服薬状況や副作用歴、薬剤アレルギーの有無等を確認し、薬の効能、服用方法、副作用、注意事項等を説明します。
ベッドサイドで患者さんと話すことで、副作用の防止、早期発見に努めています。

持参薬管理業務

当院では入院患者さんすべてに対して鑑別業務を行っています。同時に、腎機能に応じた用法用量への処方提案等、薬剤師の視点から医師や看護師へ情報提供を行っています。

がん化学療法混注業務

当院は平成22年より、薬剤師による医師の登録したプロトコールの確認と無菌調製を開始しました。平成26年には安全キャビネットを屋外排気型のクラスⅡA2にバージョンアップし、より曝露対策の充実を図りました。
当院では主に消化器がん(胃、大腸、膵、胆道)の患者に対する化学療法を月平均40件程度実施しています。

薬物治療モニタリング(TDM)業務

TDMを実施することで患者さん一人ひとりに合わせた薬物治療が可能となり、副作用の軽減やより効果的な薬物治療に役立ちます。
薬剤師は、血中濃度の数値を基に解析し、薬剤の投与量や投与間隔の提案を行っています。

医薬品情報管理業務

患者さんに医薬品を安全かつ有効に使用していただくために、医師、看護師、コメディカルからの問い合わせに対し適切な情報提供を行っています。
医薬品の情報は膨大かつ日々更新されていきます。必要な情報を収集し整理して院内へ発信しています。

薬学生実務実習受け入れ

認定実務実習指導薬剤師を中心に、モデルコアカリキュラムに則した実習を心掛けています。実施内容は調剤業務、服薬指導、DI業務、抗癌剤調製、TDM、NSTやICT等のチーム医療への参画等多岐に渡ります。

<実習生受け入れ実績>

H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 H27年度 H28年度
3名 2名 4名 2名 2名 2名 2名
実習後、当院に就職して一緒に薬剤師として働く先輩から一言

先輩方の共に同じ目標を持ち、オールマイティーに活躍する姿に魅力を感じました。入職してから初めて学ぶ事も沢山あり、戸惑う事も多かったですが、親身になって指導してくださる先輩薬剤師に支えて頂きながら、日々業務にあたってきました。丁寧なレクチャーの賜物で、半年経つ頃には一人で様々な業務が出来るようになりますよ。

他職種のスタッフと接することで、専門外のことを学ぶ機会もあります。また、仕事にメリハリがあり、自分の時間を有意義に過ごす事ができます。

私達と一緒に学び成長していきましょう♪

治験管理業務

お薬に関する治験(臨床試験)が適正かつ安全に行われるように、担当医師、治験コーディネーター(CRC)と協力して治験薬の管理、払い出しを行っています。平成29年2月現在循環器系薬剤を中心に7件の治験が進行中です。

ダミー

チーム医療

栄養サポートチーム(NST)

NST の一員としてNST専門療法士の薬剤師が週1回症例検討会・回診に参加しています。当院のNSTは医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士・言語聴覚士から組織されています。その中で薬剤師は、輸液・内服薬に関する情報提供や高カロリー輸液のメニュー提案などを行っています。

感染制御チーム(ICT)

病院内の感染防止を目的として、主に医師、看護師、薬剤師、検査技師で構成されるチームです。週に1回、各部署のラウンドと症例検討を行っています。
ICTチームの薬剤師は、院内で使用された抗菌薬の種類や量を調査・報告し、適切な抗菌薬治療が進められるよう支援を行っています。

ダミー

出身大学

九州保健福祉大学、崇城大学、第一薬科大学、徳島文理大学、福岡大学、長崎大学 等

ダミー

先輩からの一言

1年目から薬剤科の全ての基本業務に携われるというのは中小規模の病院ならではの魅力ではないでしょうか。興味ある専門分野での活躍を見据え、やりがいを持って働ける素晴らしい施設だと感じています。
スタッフが長く勤めたいと思えるような職場環境の構築も目指して日々努力しています。
近年中の施設移転を控え、薬剤師の増員と臨床業務の更なる拡大が今後の大きな目標です。

ダミー

よくある質問(薬剤師就職関連)

病院全般について

Q、宮崎市夜間急病センターと同じ医療機関ですか。
A、当院内に設置されていますので建物としては同じですが、別の医療機関となります。

待遇面について

Q、給与は地方公務員給与表医療職(二)を準用とありますが、宮崎市の職員(公務員)という立場になるのですか。
A、当院の開設者は「公益社団法人 宮崎市郡医師会」ですが、公的な病院とは異なりますので、宮崎市の職員でも公務員でもありません。
給与は地方公務員給与表医療職(二)を準用しています。この表は病院等に勤務する薬剤師、栄養士その他の職員に適用されますが、職種によって新卒の初任給が異なります。

 

Q、転勤等はありますか。
A、転勤はありません。但し、今後建替えのために現在地から移転する予定はあります。

 

Q、休暇はとれますか。
A、現在薬剤科職員は4週6休制をとっています。基本的には4週間の内2週は土曜日午前中出勤しますが、その他の土日はお休みとなります。また、勤務年月に応じて有給休暇が取得出来ます。その他に7月から9月の期間は夏季休暇が4日分与えられます。

 

Q、休日出勤はありますか。
A、当院の薬剤師は現在日勤の勤務だけですが、病院には入院患者もおりますので、薬剤科を2日以上閉めることはありません。3連休や年末年始、ゴールデンウィーク等の休日は約半数の職員で当番出勤をしています。連休と当番出勤は均等になる様にシフトを組んでいます。

 

Q、勤務時間外の業務はありますか。
A、時間外に日替わりの当番1名が病院支給の携帯電話を携帯します。必要時には病院から電話連絡がありますので、その当番者が対応します(オンコール対応)。

PAGE TOP