1. TOP
  2. 左心耳閉鎖システム実施施設認定証
  3. 経皮的左心耳閉鎖術(Watchman)について

経皮的左心耳閉鎖術(Watchman)について Watchman

当心臓病センターは、経皮的左心耳閉鎖術(Watchman)の実施施設です

※クリックすると認定証のPDFが表示されます

心房細動と脳卒中のリスク

心房細動は心臓の上部にある部屋(心房)が小刻みかつ不規則に拍動(細動)する不整脈です(図1)。この心房細動によって脳卒中のリスクが高くなるといわれており、実際に心房細動がある人は心房細動がない人に比べて5倍多く脳卒中が発症しやすいことがわかっています。

心房細動によって心拍が不規則になり、心臓内の血流によどみが出来てしまいます。そうすると、心臓内に血の塊(血栓)が生じることがあり、血栓が生じる部位の約90%が左心耳と言われています。その血栓が心臓から浮遊して、脳の血管が詰まることで脳梗塞が発症します。

<図1>

経皮的左心耳閉鎖術(WATCHMAN)

経皮的左心耳閉鎖デバイス WATCHMAN™は、2019年9月に保険適応になった心房細動を有する患者さんにおいて脳梗塞を予防することを目的としたカテーテル治療です。

鼠径(そけい)部の静脈からカテーテルを用いて左心耳にWATCHMANを留置することで左心耳を閉鎖し、左心耳内に血栓が生じることを防ぎます。左心耳が閉鎖されることで、脳梗塞のリスクを抗凝固療法と同等に下げながら、抗凝固薬を中止することができるようになります。

治療方法

治療は全身麻酔で行い、経食道心エコーとレントゲン透視装置を用いて行う治療です。

経皮的左心耳閉鎖術デバイス WATCHMAN™の対象となる方

長期にわたって抗凝固療法が必要であるものの、抗凝固薬の長期間の内服が困難と考えられる重篤な出血リスクがある患者さん、過去に重篤な出血で困ったことがあるような患者さんが主な対象となる治療法です。具体的には、輸血を要するような消化管や脳出血歴がある、複数の血液を固まりにくくする薬を飲んでいる患者さんが挙げられます。

本治療に関するご相談・ご質問については、かかりつけ医の先生と相談の上、当院循環器内科までご連絡ください。

PAGE TOP