認定看護師の紹介

当院では、看護専門分野において熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践のできる認定看護師の育成に務めています。

救急看護認定看護師

氏名:鵜野 和代
所属:1病棟(副看護師長)

2011年に資格を取得しました。

急変時の初動体制の確立へ向けて、BLSの普及や院内トリアージの研修を行っています。

「平時にできないことは緊急時にもできない」を実践すべく、今後は災害時の初動体制の確立にも力を注いでいきます。

 

集中ケア認定看護師

氏名:森 俊之
所属:6病棟

2015年に資格を取得しました。

現在、循環器ICUにおいて生命に関わる状況にある患者さんに専門的知識と技術を用いて看護を行っています。院内だけでなく地域の医療施設の新人スタッフの教育にも関わっています。

今後は指導や相談も行っていきたいと思っています。

 

手術看護認定看護師

氏名:上村 仁美
所属:手術室・中材

2012年に資格取得後、手術室や病棟の看護師に周術期看護に関する指導や相談、集合教育等を行っています。

九州地区の手術看護認定看護師会の一員として研修会の企画・実施等を行い地域の手術看護の質向上をめざし活動しています。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師

氏名:酒井 美香
所属:2病棟(副看護師長)

2015年に資格を取得しました。

褥瘡、下肢潰瘍、スキンテア、人工肛門、失禁の問題について、QOLを向上できるように助言や相談、ケアの実践をしています。

心の悩みも含めた全人的ケアを実践し、院内の看護の質向上にも貢献したいと思っています。

 

感染管理認定看護師

氏名:篠原 真理子
所属:医療安全管理室

2012年に資格を取得しました。

医療関連感染を0にすることは困難です。

安心して医療を受けていただくため自施設の感染リスクをアセスメントしながら積極的で継続的な感染管理を目指しています。

 

緩和ケア認定看護師

氏名:山路 真由美
所属:5病棟

2008年に資格を取得しました。

緩和ケアでは、生命を脅かす疾患を持つ人の「身体や心のつらさ」を和らげ、QOLを保った生活を他職種でサポートしています。

患者さんやご家族の意思を尊重しながら共に考え歩んでいきたいと思っています。

 

PAGE TOP