認定看護師の紹介

当院では、看護専門分野において熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践のできる認定看護師の育成に務めています。

救急看護認定看護師

氏名:鵜野 和代

実践を行う上で大切にしていることは、「考える」ということです。これから行う介入が本当に患者さんにとって適切かどうか、常に「考える」、アセスメントすることを心がけています。平時にできないことは救急の場面でもできない、それをみなさんに伝えていきたいと思っています。

救急看護認定看護師

氏名:小川 恵

超急性期にある患者は、刻々と状態が変化していきます。救急蘇生が必要な状況になると、患者の予後に大きな影響を与えかねません。そのため、急変の前兆を見落とさないよう精神面も含め、患者をしっかり観察するよう心がけていきます。「気づき」を大事にし、「看護師にしか出来ない」「看護師だからこそ出来る」看護を提供したいと考えています。

感染管理認定看護師

氏名:篠原 真理子

医療関連感染を0にすることは困難です。

安心して医療を受けていただくため自施設の感染リスクをアセスメントしながら積極的で継続的な感染管理を目指しています。

感染管理認定看護師

氏名:平田 百合子

感染管理認定看護師は患者様やご家族、病院で働くスタッフを感染から守ることを目標とし、多職種と協働しながら感染対策に取り組んでいます。感染のリスクを低減することで安全で質の高い医療や看護を提供し、職員が安心して働ける職場環境づくりに努めていきます。

又、院内のみならず、地域の医療機関や施設の感染対策にも貢献できるよう努めてまいりたいと思います。

感染管理認定看護師

氏名:林 清美

病院に入院している患者様やその家族は、さまざまな感染に曝露する危険があります。そのため、私達医療従事者は、適切な予防策を実施し安心・安全な看護を提供しなければなりません。看護に携わるスタッフ全員が同じ意識で予防策を実施できるよう、病棟に勤務する認定看護師として所属部署の感染管理の質向上に取り組んでいます。

皮膚排泄ケア認定看護師

氏名:酒井 美香

2015年に資格を取得しました。

褥瘡、下肢潰瘍、スキンテア、人工肛門、失禁の問題について、QOLを向上できるように助言や相談、ケアの実践をしています。

心の悩みも含めた全人的ケアを実践し、院内の看護の質向上にも貢献したいと思っています。

手術看護認定看護師

氏名:上村 仁美

多職種からなる手術チームは、患者さんの生命を守る事を最優先にそれぞれの専門的な技術や知識を集結して手術に当たります。その中で手術室看護師は、大きな不安・恐怖や葛藤を抱え一大決心をして手術に臨む患者さんに寄り添い、代弁者となり、安全・安楽を守る役割を担っています。また、術前・術中・術後を通した一連の流れで患者さんの回復力を高められるような看護が提供できるよう活動しています。

集中ケア認定看護師

氏名:森 俊之

現在、ICUで生命の危機状態にある重症患者の病態アセスメントを行い、病態の変化を予測し重篤回避の援助として患者の状態にあった看護ケアプランの検討を行いながら実践しています。院内だけでなく地域の医療施設の新人スタッフの教育にも関わっています。緊張感のある状況であるからこそ、患者さんや御家族、そしてスタッフのためにも「笑顔」を大事にしています。

慢性心不全看護認定看護師

氏名:黒木 俊輔

心不全患者はその症状のみならず、増悪と寛解を繰り返す状況に精神的苦痛を生じ、生活の質が低下することが考えられます。心不全が増悪と寛解を繰り返す病気であり、基礎疾患によって増悪因子も変わっていくため、患者さんを個別的に支援していきたいと思います。心不全を繰り返して困っている、心不全だけでなく心臓の病気で困っていたり分からないことがあればいつでもご相談頂きたいと考えています。

新生児集中ケア認定看護師

氏名:甲斐 千穂子

出生直後の急性期にある早産児や疾患を持った新生児は、全身状態が不安定であり、急激に変化します。病態変化を予測し、重症化を予防するとともに、早期に状態の安定化を図ることが求められます。観察力や感性を磨き、言語的な訴えのできない新生児が出すサインを読み取り、発達を促すための看護実践を心がけています。赤ちゃんとその家族にとって優しい看護ケアを提供できるようにスタッフとともに取り組んでいます。

PAGE TOP