外科Surgery

外科

診療指針

 外科は4名の常勤外科医で消化器内科医と協力して消化器疾患の診療を行います。
診療領域は、食道、胃、大腸など消化管の癌診療、胆石症や閉塞性黄疸など肝胆膵疾患の消化器外科領域を主としていますが、ヘルニアなどの一般外科領域も診療します。また外科手術症例の約4割を占める虫垂炎、イレウス、消化管穿孔など腹部救急疾患に対しても24時間、365日可能な限り診療します。そのため夜間、休日はオンコール体制をとり、常時2名の外科医(内1名は経験年数10年以上の医長)で手術を担当します。手術は予定手術はもとより、夜間、休日の緊急手術においても常勤の麻酔科医が全身管理を担当し、安心・安全を第一に考えて毎日の診療を行います。

治療成績

当院外科の治療成績に関する原著論文は以下のごとく外科系医学臨床雑誌(全国誌)に掲載されています。(症例報告を除く)

塩月裕範,島山俊夫,他
総胆管結石に対する胆管十二指腸惻々吻合症例の検討
手術 第66巻:1769-1772(2012)
矢野公一,島山俊夫,他
S状結腸捻転症手術35例の治療成績
日本腹部救急医学会雑誌32(3):583-586(2012)
田中俊一,島山俊夫,他
90歳以上超高齢者腹部外科手術症例の術後合併症と
死亡例の検討
日本臨床外科学会誌69:1585-1589(2008)
永野元章,島山俊夫,他
十二指腸潰瘍穿孔に対する保存的治療法の適応基準と有用性
日本消化器外科学会雑誌39:643-648(2006)
高橋伸育,島山俊夫,他
開腹既往歴のない小腸イレウス症例の検討
日本リン料外科学会雑誌67:741-745(2006)
山成英夫,島山俊夫,他
十二指腸潰瘍穿孔に対する保存的治療の検討
臨床外科51:1337-1341(1996)
島山俊夫,中川昇,他
総胆管結石に対する経胆嚢管的結石除去の試み
手術47:263-266(1993)
島山俊夫,崎浜正人,他
特発性大腸穿孔症例の臨床的検討
日本臨床外科医学会雑誌53:2062-2065(1992)
島山俊夫,崎浜正人,他
80歳以上の高齢者胃癌に対するリンパ節郭清の意義
外科53:633-636(1991)
島山俊夫,井手秀幸,他
高齢者(80歳以上)における消化管手術-待期手術・
緊急手術別検討
外科53:98-102(1991)
岩本勲,竹智義臣,他
穿孔性虫垂炎術後の創感染対策
外科52:821-823(1990)
島山俊夫,城間勉,他
80歳以上高齢者胃切除症例の検討
老年消化器病2:83-87(1989)
岩本勲,島山俊夫,他
胃癌手術の医療費の検討-特に高額医療症例を中心に
日本臨床外科医学会雑誌50:2156-2160(1989)
荒木賢二,岩本勲,他
超高齢者(80歳以上)胃十二指腸穿孔手術症例の検討
日本臨床外科医学会雑誌50:664-669(1989)

施設認定

  • 日本外科学会専門医指定施設
  • 日本消化器外科学会専門医認定施設
  • 日本消化器病学会専門医認定施設

医師紹介

甲斐 真弘(カイ マサヒロ)

消化器外科

科長

医学博士

宮崎大学医学部臨床教授

日本外科学会認定医

日本外科学会外科専門医

日本外科学会指導医

日本消化器外科学会認定医

日本消化器外科学会消化器外科専門医

日本消化器外科学会指導医

日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医

日本消化器病学会消化器病専門医

日本消化器病学会指導医

日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医

日本肝胆膵外科学会高度技能指導医

日本胆道学会認定指導医

日本がん治療認定医機構暫定教育医

日本がん治療認定医機構がん治療認定医

身体障害者福祉法第15条指定医師

九州外科学会評議員

日本消化器病学会九州支部評議員

日本肝胆膵外科学会評議員

日本胆道学会評議員

田中 俊一(タナカ シュンイチ)

消化器外科

科長

医学博士

外科学会専門医

消化器病専門医

消化器外科専門医

消火器癌外科治療認定医

日本集中治療医学会 インフェクションコントロールドクター(ICD)

金丸 幹郎(カネマル ミキオ)

消化器外科

医長

医学博士

日本外科学会専門医

日本外科学会認定医

日本消化器外科学会専門医

消化器がん外科学会治療認定医

日本がん治療認定医機構がん治療認定医

日本肝胆膵外科学会評議員

日本外科学会指導医

麻田 貴志(アサダ タカシ)

消化器外科

医長

外科専門医

清水 一晃(シミズ イッコウ)

   外科

   医員

診療成績(クリニカルインディケーター)

手術症例

    2013年 2014年
手術総数   434 456
食道 食道切除再建 1 1
その他 0 0
胃,十二指腸 悪性 27 21
良性 6 6
その他 0 0
小腸,大腸 結腸切除 37 48
直腸切除,切断 12 14
肛門疾患 53 68
人工肛門増設(直腸切除を除く) 4 1
小腸,イレウス 30 27
虫垂疾患 60 84
その他 5 3
肝,胆,膵 膵頭十二指腸切除 4 0
膵切除 1 0
肝切除 2 3
胆摘±胆管切除 3 0
門亢症,脾 3 2
胆石症 62 63
その他 0 0
乳腺 悪性 0 0
良性 0 0
甲状腺 悪性 14 8
良性 0 0
肺切除 0 0
気胸 0 0
縦隔腫瘍 0 0
その他 0 0
血管 動脈瘤 0 0
閉塞性疾患 0 0
静脈瘤 0 0
その他 0 0
ヘルニア   58 59
その他   52 49

※手術数は、年統計(各年1月~12月)となっています。

死亡種類別死亡数

死亡事故 2013年度 2014年度
入院後24時間以内 8 4
手術後24時間以内 1 0
手術後48時間以内 1 0
それ以外 30 31

入退院状況

集計期間
2015年4月1日~2016年3月31日まで
在院患者延べ数
14,208名 (14,933名)
平均在院日数
15.86日(15.39日)
平均病床利用率(%)
14.7%(15.5%)
年間病床回転数
23.08(23.72)

※( )内は前年度

PAGE TOP