麻酔科

診療指針

3名の常勤麻酔科医で、年間約1,500件の麻酔症例を受け持っています。時間外はオンコール体制のより、緊急手術の麻酔依頼に対応しています。常勤麻酔科医のみで不足の際は、宮崎大学医学部麻酔科から応援医師を派遣してもらっています。術後疼痛管理は、静脈内あるいは硬膜外鎮痛法と、可能な患者さんには自己調節鎮痛法(疼痛時に患者自身でボタンを押すと鎮痛薬が静脈内あるいは硬膜外に投与される方法)を用いて行っています。また、入院患者さんの疼痛緩和の目的で、硬膜外持続投与を主として神経ブロック療法を行っています。

医師紹介

國武 歩
(クニタケ アユミ)
  • 麻酔科
  • 科長
  • 日本麻酔科学会指導医
大久保 重明
(オオクボ シゲアキ)
  • 麻酔科
  • 医長
  • 日本麻酔科学会専門医
宮里 岳志
(ミヤザト タケシ)
  • 麻酔科
  • 医長
  • 日本麻酔科学会専門医
  • 麻酔科指導医