周産期センター

  1. TOP
  2. 診療科について
  3. 周産期センター

地域周産期母子医療センターとは

一口に「病院で産む」と言っても、今はいろんなレベルがあります。
最も病院らしいのは「周産期センター」でしょう。
正式には「総合周産期母子医療センター」「地域周産期母子医療センター」という名称がつけられています。

産科と新生児科の組み合わされた施設

出産の前後の時期(周産期)を対象とした医療施設で、産科と新生児科の両方が組み合わされた施設を言います。
例えば、小児専門病院では難しい赤ちゃんは見られますが、産科がなかったりするものです。周産期センターでは、赤ちゃんはお母さんと一緒です。赤ちゃんに問題があっても生まれる前から監視、出産、生まれてからの治療や手術を全て同じ施設でできるので安全性も高まります。
当院は、新生児科の専門医がかかりつけ医や宮崎大学病院ともきめ細かな連携を行い質の高い医療を提供できる体制を整えています。

宮崎県の周産期医療

宮崎県の周産期医療は、平成3年当時周産期死亡率のワースト記録が続いていました。平成10年には宮崎市郡医師会病院も体制が整い、宮崎大学の中にも総合周産期母子医療センターが設置されました。平成11年に周産期死亡率が全国No.1となり、日本で最も安全にお産ができる県となり、現在でも周産期死亡が少ない県として安心してお産ができるようになりました。

当院の周産期母子医療センターの特徴

開業医院のような豪華な食事ではありません。しかし、医療面でのサポートは充実しており安全にお産をしていただくお手伝いをすることができると考えています。

  1. NICU(新生児集中治療室)を有しており、早産等で小さく産まれた赤ちゃんや具合の悪い赤ちゃんを集中的な治療が可能です。
  2. 合併症を持つお母さんに対しても他科との連携により十分な管理が行えます。
  3. 正常産を含むすべての分娩に産科医のみならず、新生児科医も立ち会いを行います。

病棟病床

 第4病棟西が産婦人科の病室となっています。NICUは6床あり、24時間・365日体制で産科医と新生児科医が勤務しております。

土井 宏太郎
(ドイ コウタロウ)
  • 鹿児島大学卒(2000年)
  • 産科婦人科 科長
  • 医学博士
  • 宮崎大学医学部臨床教授
  • 公益社団法人日本産科婦人科学会幹事
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医/指導医
  • 日本周産期新生児学会 周産期専門医(母体・胎児)
  • 日本産婦人科遺伝診療学会 周産期認定医
  • 母体保護法指定医
  • 日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法(NCPR)インストラクター
  • 日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)インストラクター
  • 卒後臨床研修指導医
  • 宮崎県災害時小児周産期リエゾン
大橋 昌尚
(オオハシ マサナオ)
  • 弘前大学卒(2003年)
  • 産科婦人科科長兼周産期母子医療センター長
  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医/指導医
  • 日本周産期新生児学会周産期専門医(新生児)
  • 母体保護法指定医
  • 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法(NCPR)インストラクター
  • 日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)インストラクター
  • 卒後臨床研修指導医
  • 宮崎県災害時小児周産期リエゾン
明野 慶子
(アケノ ケイコ)
  • 愛媛大学卒(2010年)
  • 産科婦人科 医員
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法(NCPR)インストラクター
伊達木 正子
(ダテキ ショウコ)
  • 宮崎大学卒(2017年)
  • 産科婦人科 医員
  • 日本産科婦人科学会
菅野 知佳
(カンノ チカ)
  • 宮崎大学卒(2017年)
  • 産科婦人科 医員
  • 日本産科婦人科学会