周産期センター(産婦人科・NICU・新生児科)

  1. TOP
  2. 診療科について
  3. 周産期センター(産婦人科・NICU・新生児科)

宮崎県の周産期医療

宮崎県では、県内唯一の総合周産期医療センターである宮崎大学医学部附属病院を中心に、県下7施設の周産期センターが連携し周産期医療ネットワークとして機能しています。
周産期ネットワークの確立によって、平成10年頃以降、日本で最も周産期死亡が少ない県の一つとして、安心してお産ができる環境が整っています。

地域周産期母子医療センター

当院の周産期センターは、「地域周産期センター」に分類されます。県央地区における産科救急の最前線として、宮崎県周産期医療ネットワークの一翼を担っています。

当センターの特徴

当センターでは6床のNICU (新生児集中治療室)を有しています。産科医療・新生児医療の連携により、リスクを有する妊婦さんや赤ちゃん、あるいは早産期での出産に対応することができる施設です。

病棟病床

4F西病棟が周産期領域(産婦人科病棟、NICU新生児集中治療室、新生児室)となっています。24時間・365日体制で周産期救急に対応しています。

池ノ上 克
(イケノウエ ツヨム)
  • 特別参与
  • 鹿児島大学卒(1970年)
  • 宮崎大学前学長
  • 宮崎大学産婦人科名誉教授
  • 医学博士
  • 母体保護法指定医
牧 洋平
(マキ ヨウヘイ)
  • 産科婦人科 部長 兼 周産期母子医療センター長
  • 宮崎大学卒(2007年)
  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医/指導医
  • 日本周産期新生児学会 周産期専門医 (母体・胎児)
  • 日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法(NCPR)インストラクター
  • 卒後臨床研修指導医
紀 愛美
(キノ エミ)
  • 産科婦人科 医長
  • 宮崎大学卒(2011年)
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
  • 日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法(NCPR)インストラクター
圓﨑 夏美
(エンザキ ナツミ)
  • 産科婦人科 医員
中村 希実
(ナカムラ ノゾミ)
  • 産科婦人科 医員
都築 康恵
(ツヅキ ヤスエ)
  • 産科婦人科 医員
佐藤 謙成
(サトウ ケンセイ)
  • 産科婦人科 医員